カテゴリー「わたくしM子」の48件の記事

2009年7月19日 (日)

7/19 悩みすぎて風邪を引きました

先週次女K子が風邪を引きスクールをお休みしていたのですが、その風邪を今更ながらもらってしまったようです。
昨晩あたりからリンパが痛いな〜と思っていたら今朝から悪寒発熱全身痛が始まりました。
心が弱っていたせいもあり、風邪菌につけ込まれてしまったのだと思います。

日々、いや1時間ごとに気持ちが変わっていて、自分の心についていけない状態。
最初転勤話を聞いた時は、「家を売っていけばいいや」といつものお気軽即決で思っていたのですが、日が経つにつれ、それが難しいのが分かってきました。

地元にいるたくさんの友人達と別れ、そしてお互いの両親を置いて、北陸になんてやっぱり行けない!
私やっぱりこの県が大好きなのです。
この県から出て住んだ経験もなく、このまま一生ここで過ごすと思っていました。
人も温かいし、ご近所さんもいい方ばかり。
素敵な友人に囲まれ、スクールのママとも送迎をする中でとっても親しくなり、今では全ての友人知人がかけがいのない私の宝物です。

全てを捨て、新しい地に越す事はやっぱり難しいように思います。
もし家がなければ、泣く泣く越す事も出来たでしょう。
でも家を建て、家を私たち夫婦流に日々改造している最中。
改めてこんないい家ない。そう思います。

母と考えに考え素敵な家具を買い、それにあわせて建てたおうち。
ピアノをここに置きたいから、と設計し、間取りも考えに考えまくり建てたおうち。
ちょっとリビングは狭いけれど、だけど、だけど、本当に大好きなおうちです。

北陸地方の中古物件、賃貸物件をずっと見ていますが、「この家に住みたい」と心底思うお家が全くないのです。
どこも収納が少ないし、お部屋数も少なかったり(私がきっと贅沢言い過ぎなんでしょうけれど)、ゲストルームがなかったり、納戸がなかったり、サンルームがなかったり、とにかく我が家より収納が多く、そして暮らしやすそうなおうちがないんです。

親ばかならず家ばかと言われてしまいそうですが、この家を失うかもと思って初めてこの家が大好きなことに気付きました。

中古のおうちを買っても海外とは違い、買った瞬間から価値が下がるいっぽう。
しかも、おばけ出たらどうしよう。とか思ってしまいます。
そして少し良さそうな中古物件は窓にシャッターはないし、カーポートすらない、外壁もない。
ご近所さん、カモーン。
泥棒さん、カモーン状態です。
そんなところに恐ろしくて住めません。

やっぱり我が家が一番。
もうこれはT男君には申し訳ないけれど、単身赴任で行ってもらうしか道はありません。
ごめんよT男くん。
さらばT男くん。

だけど、離ればなれになって夫婦の関係はうまく行くのでしょうか?
今まで遠距離恋愛とかしたことないし。
1ヶ月に1回も会えないと思うのですが、それで夫婦関係うまくいくのかなぁ。
今日はそれが心配です。

そして明日になったらまた違う考えになってそう。

明後日から毎年恒例の留学生が我が家にやってきます。
いつもならワクワクしながら心待ちにしているのですが、今回は正直やる気が出ない。
明後日から来るというのに、まだゲストルームのお掃除も終わってない。(といっても掃除機かけて、ベッドメイキングして、拭き掃除をするだけですが)
あ〜も〜全てがめんどくさい。
長女のプリント学習も転勤が決まった日から放置状態。
心がいつになったら落ち着くのか。。。
そして風邪はいつになったら治るのか。。。
つづく・・・

| | コメント (2)

2009年7月 4日 (土)

7/4 私の身長・・・伸びてます

この間、年に1度の健康診断に行ってきました。
そして驚いた事が・・・

私の身長は高校生の時159.2で止まっていました。
そして大学に入り、卒業し、社会人になり、そして結婚し、、、健康診断を毎年受けるようになったら、何故か身長が伸びてるということが分かりました。

身長って成人してからも伸びるんですかぁ???

も〜びっくりです。
さすがに最初は、信じませんでした。
でもね、毎年確実に成長しているんです私。

160.0
160.1
160.2
160.4
そして今年はなんと〜
160.7

時間帯は毎年11時くらいからの健診で固定しているし、靴下もはいているわけでもないし、どう考えても私の身長伸び続けているようなんです。

毎年低血圧でひっかかったりするのですが、今年はこれもクリア。
ただ、、、体重が。。。
人生最大級に減ってしまっているようで、もしかして私病気?と思うほどです。
ついには妊娠前より減ってしまい、ますます体力がなくなりつつあります。

まだまだ成長期の私、いっぱい食べないと〜。笑

| | コメント (2)

2009年6月24日 (水)

6/24 自分の時間

昨日から本格的に自由時間を持てるようになったのですが、昨日は大掃除で一日が終わってしまいました。
今日こそは自分の時間を満喫するぞと意気込んで帰宅したのが10時前。
そしていつもパソコンメールチェックをしていました。
そうメールチェックをしていたのは覚えています。
が、、、気付くと15時50分でした。

「私宇宙人にでもさらわれていたんじゃない?」と思うほどの空白の時間。
本当に私は眠っていたのでしょうか?
絶対に宇宙人の仕業じゃないかと思うのです。
だって、気付かぬうちに眠り、しかも6時間50分も寝続けるって、異常じゃないですか?
宇宙人にさわられていたとしか考えられません。

普通ランチタイムにはお腹がすいて目覚めると思いませんか?
ほんとありえな〜い。
今日は狐につままれたような日を過ごしてしまいました。

明日こそは自分の時間を満喫するぞ〜。

子供達がいない間に合格したい試験があり、それに向けて頑張りたいなと思っています。
なんの試験かはまた追々ブログで紹介します。

| | コメント (2)

2008年12月 4日 (木)

12/3 私の耳とルークの手術

皆様にご心配いただいていた急性難聴ですが、ようやくほぼ正常値まで戻りめでたく自宅に戻ってきました。
一時は「もうこのままかも」という気持ちが強く、諦めていたのですが、実家での療養が効いたのか少しずつ少しずつよくなりました。
ですが、一度なるとまたなりやすいそうですこの難聴。
そして次回なると、もう本当に治らないかもしれないそうです。
「くれぐれも疲れをためないように。一日10時間くらい眠るのが好ましいですが、無理でも22時には就寝するように。」とドクターから何度も言われようやく帰宅許可がおりたわけですが、そんなの一日10時間もそして23時に寝る事なんて不可能だ〜!!
でもなるべく眠るよう努力はしています。

ブログに書きたい事はたくさんあったのですが、早寝早起きを心がけており、昼間はお昼寝をあまりしない次女K子がいるので、パソコンに向かう時間がなく、とってもご無沙汰してしまいました。

ご無沙汰している間に我が家に一大事がありました。
ルークの肘にとっても大きな腫瘍が見つかり(ちょうど関節のところでフラット特有の長いホワホワ毛が生えているので気づきませんでした)手術しました。
幸い良性だったのですが、日帰り手術で帰って来たルークの顔のまわりには噂には聞いていたエリザベスカラーが。
大型犬のルークがつけるので、「そっそれって中継車のパラボナアンテナ?」と思うほどの大きさ。
手術後ルークを病院に迎えに行き、そのあまりに滑稽な姿にルークを心配する事も忘れ待合室で大笑いしてしまいました。
パラボナアンテナのおかげで、車に乗ろうとするけれどドアの幅より大きいんですパラボナちゃん。
ほんと特大。
自宅に戻り、お水を飲もうと思ってもパラボナちゃんが邪魔して飲めない。
寝室に行って寝ようとしていたルークですが(相当疲れてた)、階段の幅より広いパラボナちゃん。
いや〜ほんと笑い事じゃないです。
家が壊れてしまうかと思いました。
いろんなとこで、カンコンカンコン、パラボナちゃんのあの堅いプラスチックでぶつかりまくるのですから。
それに子供達にも被害が出て(パラボナちゃんで近寄られるとかなり痛い)誰もルークに近寄らない。
でもルークは近寄りたい。悪循環です。
夜はパラボナちゃんをつけて眠るルークですが、まるで貝のようにあれって眠る時はうまく閉じるんです。
そしてその貝になったパラボナちゃんを子供達が
「Open」「Close」「Hello〜(あけながら)」「Bye〜(とじながら)」開け閉めしてる。
ルークもゆっくり眠ってられません。
私たちのベッドの足元で眠っているルークは寝返りがすごい。
そのたびに私の足やらふくらはぎにパラボナちゃんが刺さり激痛が。

そんなわけであまりにも危険なパラボナちゃんなので、外しました。
外すと我が家イチ細かいルークは、事もあろうか自分でご丁寧に縫っていた傷口の抜糸をしてしまい、傷口がパックリ。
そしてそこが膿んでしまい、も〜顔を背けたくなるほどに。
そのうち腐ってハエがたかるんじゃないか?と思ったほどぐちゅぐちゅでした。

それを見かねた夫T男が、テーピングなどで傷口をひっつけるよう足をぐるぐるまきにしていて病院に。
そしたら血流がとまりかけてて「こんなことしてたら足を切らないといけなくなるよ」と言われ大慌て。
ホッチキスタイプの傷口を閉じる機械で閉じてもらったものの、一日たつとまたご丁寧にそれまでも自分で抜き取りまたもや傷口パックリ。

どうなることかと思いましたが、だいぶ傷口の膿みはおさまってきました。
本当に足を切らないといけないんじゃないかと心配しました。

ルークももうすぐ6歳。
これからいろんな病気にかかってくるのでしょうね。

ひとまず私もルークも大事には至らず新年が迎えられそうです。

最後にパラボナ姿を。。。

Dscn1005
T男がパラボナちゃんの向きを下向きにしました。
「ルーク、、、なんか、、、戦士みたい。これから戦いに行く!!って感じ」とお気楽T男はそうつぶやいていました(^-^;

これが本当は上向きについているんですよ〜どれだけ邪魔か。
舐め防止の猿ぐつわ?!もしていますが、していても器用に舌だけペロペロ出し傷口を舐めるんです(T▽T)

Dscn1010Dscn1016

最後の最後に

Ca390047_2

これが傷口パックリ膿み膿み写真です。

Dr.ルーク自身で抜糸した糸がまだ残ってます。

おぞまし〜。

そうそう膿みは思っていたより早く治りました。

何しろ毎日何度も私のアロマ治療?!をしてやっていたので。笑

やっぱりアロマってスゴイ。

| | コメント (3)

2008年10月12日 (日)

10/12 百均での甘いささやき

耳が悪くなりもうすぐ1ヶ月になります。
調子が良い日、悪い日いろいろですが、前より聞こえやすくなっているような気がします(単に慣れただけともいう)。
この1ヶ月で次女K子はすくすく成長し、やんちゃ盛りです。

実家に戻ってからというものおばさんと母と二人がかりで毎日子守りをしてくれているのでK子は日に日にわがままに。
普段はおつきの者が1人(ルークです)だけなのに、それが2人になったものだから、も〜わがまま度はすごく、口には決して出しませんがおばさんもかなり大変そうです。
朝から夕方までK子の子守りをしてくださっているおばさんは、なんだか日に日に顔色が悪く見えるのはきっと気のせいではないはず。
「Kちゃん、1歳なのにすごく知恵がまわってだから。。。(要するにかなりのお転婆ということを表しているのです)」
ポツリと言うおばさん。

機械の苦手な母が
「食器っていつ洗えるのかしら。なんだかずっと終わらないような気がするんだけど。」というので食器洗浄機を見ると一時停止になっている。
スタートボタンを押ししばらく待ってもいっこうに終わる気配がない。
また洗浄機を見ると、これまた一時停止に。

そうなんです次女K子が押しまくっていて一時停止になったりスタートしたりまた一時停止になったりを繰り返しているようで、朝洗った食器がお昼になってもまだ洗浄中。
そんな状態が毎日続いています。

Dscn0503Dscn0505
階段をのぼったり

Dscn0521
ロフトにのぼってみたり

Dscn0532Dscn0533_2
入浴後バスローブを着ながら放浪しおしっこをまき散らしてみたり

Dscn0557Dscn0559Dscn0560Dscn0561Dscn0563Dscn0565Dscn0566Dscn0569
ダイニングを放浪し悪さをしてみたり(ちなみにリビングは立ち入り禁止)

Dscn0586
ハーモニカを吹いてみたり

Dscn0597
お外で1時間ほど砂遊びをしてみたり

とにもかくにもこの人、かなりのお転婆さん。
母も「あなた自宅に帰って絶対に一人でみれない。どこか保育園に入れるかベビーシッターさん雇ったら?」と真剣に言うほど。

そんなK子に少しでもじっとしておいてもらおうとおもちゃを買いに百均ショップに行ってきました。
百均には結構よさげな木のおもちゃがあるらしい。

なんと、長女N子のクリスマスにサンタさんへ頼もうと思っていたBRIOの木製レールおもちゃもどきがありました。
Dscn0577Dscn0578Dscn0575

レールは3本入って200円でしたが、電車2つとレールセットを2つ買っても600円。
安い!
クリスマスは百均の木製レールで充分です。
動きも悪くないし、木製レールもしっかりしてる。

そしてこれも買いました。
Dscn0576
ペグさしもどき。
これも百円。

Dscn0580
そしてこの形あわせブロック。
400円。

かなり迷いましたこれを買うの。
百均で400円の物を買うのにこんなに迷うなんて。
普通のおもちゃ屋さんで400円のブロックが売っていたら真っ先に買うと思いますが、百均で400円の商品はなんだか清水の舞台から飛び降りるかのごとく勇気が入ります。

おもちゃ達を買い、普段なら見る事なく捨ててしまうレシートをチラっと見てると、100円商品5点。200円商品2点。と書いてあるのに400円商品が1点とは書いていない。
「アレ?」
すぐに気づきました。
レジの方が400円商品を100円商品として計算してしまっていたことを。
一瞬、「ラッキー。400円のを100円で買えた〜」と思いました。

あくま君が「ラッキーやん。300円も得したで〜」と甘くささやき、
天使ちゃんが「レジの人に早く言いに行きなさい。誰も見てなくても神様は見てるよ〜。」と厳しくささやき、
少しの間、あくま君と天使ちゃんが頭の中で会議をしていました。

ですが結局レジに行き、
「すみません。400円の商品が100円商品として計算されているようなのですが」と言いお金を払いました。

夫T男ならきっと嬉しそうに
「今日な百均に行ったらな〜めっちゃとくしたのに〜。俺って今日ついてるわ〜。」言うのは間違いありません。
彼の中では自分の都合の良い天使ちゃんしかいないのです。

とT男の事は置いといて、
K子はこのいわくつきの400円ブロックで楽しそうに遊んでいました。
このブロック400円だけあってすごくしっかりしていますし、大満足です。
Dscn0582

百均での甘いささやきに打ち勝った私でした。


| | コメント (2)

2008年10月 6日 (月)

10/6 補聴器

耳は相変わらずの状態です。
時間帯により、話すのも辛い時(自分の話す声が頭の中で爆音に変わります)、人が話しているのを聞くのが辛い時(これも同じく爆音に変わります)があり困っています。(まあ今更困ってもしかたないのですが)
電話は特に辛いのでやめています。

検査の数値が悪く、耳が悪くなって病院に駆け込んだ日よりももっと悪くなっているようです(^-^;

検査は音がなると手元のスイッチを押すというもので、
「ピヨヨヨヨ〜」という高音はよく聞こえるのですが、
「あれ〜全く何も聞こえてないぞ〜次の音は???」と待っている間に検査終了。

どうやら低音部分の音が全く聞こえてないようでした。
いや〜自分でもびっくり。
ほんとに聞こえてない低音が。
なんだか狐につままれたような不思議な気持ちです。

それから骨伝導で音を聞く検査をしたのですが、これまたびっくり。
耳の下の骨にですね、音と振動がなっている機械をつけるのです。
そうするとあら不思議、耳からじゃなく、骨から音が伝わってくる。
すごくないですか?
耳からじゃなくても聞こえるんですね、人間って。
このテストでももちろん低音は全く聞こえていませんでした。

低音が聞こえないとどうなのか。
高い音だけ聞こえてたら会話も出来るし、問題ないじゃない?とお思いかもしれませんが、会話の中で人って高い音や低い音を出しているのです。
低い音だけ欠落して聞こえるってことは、会話や言葉を推測しながら話をしないといけない事になり結構大変かも。
ようやくというか最近になり少しずつ「ちょっと困った事になったわねぇ」と思い始めました。

でも聞こえなけりゃ〜オシャレなデコcute補聴器でも(もちろん自分でラインストーンでも貼って。笑)つければいいさ〜とこれまた単純に考えていたので、先生に聞いてみました。
私「先生、補聴器ってつけることできますか?」
先生「それが出来ないんです。」

私「えっ???」ガーンcrying 

お気楽に考えていた私はそこで初めて事の重大さに気づきました。
低音が聞こえないので、その音を補聴器で大きくしたとしても結局は一緒らしい。

ただの難聴ではないのね?私の難聴(T▽T)
補聴器つけれない、手術も出来ない、治療法もこれといったものがない、
今はステロイド点滴をするしか手はないようです。
これが効いてくれてる間はいいのですが、きれると今のところまた聞こえが悪くなってしまいます。(まるで麻薬中毒の人の薬切れ(ヤクギレ)のごとく)

かといってステロイド点滴ばかり毎日うつわけにもいかないらしいです。
最初点滴は2週間で。ということだったのですが、点滴が終わるどころか大きくなってるんですけど〜先生。
やっぱり相当私の耳、、、悪いんでしょうか?
聞かなくても分かるので、聞かないでおきますhappy02

実家でも私の態度でなんとなく耳の調子が分かるようになってきた母は(何しろ耳が塞がれたようになっている時は、言葉を発することも聞くのも辛いので、自然と無言になり、何か聞かれても頭を縦にふったり横にふったりするだけになってしまいます)その私の姿を見てとても哀れそうに私を見ます。

「大丈夫だから」と言っても
「あなたの姿見てたら大丈夫とは思えない」と。

ただしゃべらないだけで一見大丈夫じゃなさそうに見えるけれど、私結構これでもほんと大丈夫で、いつもと何ら変わらないつもりなんです。
耳の事より今私には考えている事があり(長女のこと)、正直耳の事について考えてる時間ってほとんどないのです。

今回の耳の事は神様からのメッセージだと本気で考えている私は(変な宗教には入ってませんのでご心配なく)、今は真剣にこれからの子供達の教育方法を考えて行かないといけない時期で、それを考える為にこの静かな療養生活を送らせてもらえているのでないかと思っています。
耳があまり聞こえず、本を読んだり、ネットで日本やアメリカの文献を読む毎日なので、私ちょっとだけ賢くなってるかも〜。と自分では思っているのですが。。。笑

耳の事より子供の教育について頭がいっぱいな私とは裏腹に、お気楽夫T男と言うと、
怪しげな声で電話をかけてきた。
「低音が聞こえんのやろ〜?じゃあこうやって高い声でしゃべらなあかんのやな〜」
とワイドショーで『音声変えてお伝えしています』と顔にモザイクをかけて話しているAさんやBさんや、Cさんみたいな高い声を出すのです。
『あの〜あなた、わたしの難聴で遊んでいませんか?』
ほんといつでもどこでもマイペースなT男です(^-^;

最後に一つ驚いた事があります。
このブログの下に勝手にコマーシャルリンクがはられているようですが(最後のスポンサーリンクっていうところ) これってブログの内容によって自動的に広告がかわっている事にたった今気づきました。 補聴器のお話を書いたら、補聴器のリンクがはられてる。 すっ、すごい。
ココログ(このブログの会社)ってすごいですね。
よく考えてる〜。
ちなみにイライラしないママがなんとかかんとかっていうところのMさんというのは私ではありません。笑

| | コメント (8)

2008年10月 2日 (木)

10/2 私の耳

ある日突然耳が聞こえなくなり2週間がたちました。
少しずつ回復しているものの、耳の調子は日替わり定食のごとく日々違っています。
そして今日はかなり調子が悪くあまり右耳が聞こえません。
プールあがりの耳(耳に水が入ったような)の状態が朝からずっと続いています。
昨日は普段通り全く問題なく聞こえていたのに今日は一転してこの様子。
なんとなく分かってきましたこの耳の事。
おそらく一生この状態が続いて行くんだろうな〜となんとな〜くそう思います。
でもまあそれならそうできちんと自分の耳と向き合い今後生活していきたいです。
耳聞こえない生活にも慣れたと言え、やっぱり人の話が聞きづらいのがちょっと困ります。
実家の母は普段から小さな声でポソポソ(ボソボソではなく)と話すので、余計に聞きづらい。
「えっ?聞こえない」と何度言っても生まれてこの方大きな声で話してきた事がない人なので、急に大きな声で話せと言っても無理がある。
今朝も母がポソポソ言った事が聞こえない。
「え?なんて?えっ?」と聞き返すと
コォォヒィ〜のぉむぅ???(コーヒー飲む?)」
とよく病院等で、耳の遠いおばあさんにゆっくり大きな声で話している看護士さんのように言うのです。

「あの〜わたし耳の遠いおばあさんじゃないんですけど。。。」

いくら耳が聞こえにくいと言っても両耳聞こえないわけではないし、あ〜たのポソポソを普通並にしてくれるだけでいいんですけど(^-^;

実家って三食昼寝付きでとっても楽ですが、そろそろ飽きてきました。
早く家にかえりた〜い。

長女N子とも会いた〜い。

N子には毎日電話しているのですが、いつものごとく(私がツワリと産後に実家に戻っていた1年半)話してくれな〜い(T▽T)

義母「ほら〜ママからお電話よ〜」
N子「いや〜!!」
義母「ほらほらママがNちゃんの声聞きたいって〜」
N子「NOOOOOO!」
そこまで拒絶しなくったって。
一体私があなたに何をしましたか?(T▽T)

そんな会話が受話器のむこうでされようやくN子が出てきたと思ったら
「Mommy? I'm very busy now. I can't talk with you. I'm really very sorry.  See you!!」
だけ言ったら無音。
really very sorryとまで言われる私って立場なしです。

でもここで必殺技があるのです。
従姉のKちゃんが大好きなN子はKちゃんからの電話だと言うと喜んで出るんです。(ちなみに次女のK子からの電話だと言っても喜んででてくれます)

そこで私はKちゃんの声色を使ってトーク。
でもそんな私はかなり怪しい人みたいで、周りの家族は大爆笑。
自分だって恥ずかしいわよ〜。

この歳にして5歳の子の真似をしようなんてかなり無理があるのは重々承知。

でもそうしないと話してくれないのですものうちの娘って。

Kちゃんの声色の私「今日は保育園で何したん?」
N子「I didn't do anything.」
私「イングリッシュわからへん。」(あくまでKちゃんになりきる私)
N子「そーか、そーか、じゃあジャパニーズにするわ〜。今日はなーんもしてへんで〜」
私「お昼ご飯何食べた?」
N子「たまご〜。でもJちゃんは卵食べられへんかったんやで〜。(って人の事はど〜でもいいでしょ〜あなた)」
私「お絵描きした?」
N子「してへんで〜。お外で遊んだ」
私「ふーん。またKのおうちに遊びにきてね」
N子「うんうん行きたい。今からいってもええ?」
私「でもKは明日保育園やからまた今度お休みの日に来て〜」
N子「うん。じゃあお休みの日に行くわ〜」
私「Nちゃん、ママがいないと寂しい?」(一度は聞いてみたかったの)
N子「うん。寂しい」(だったらなんで電話に出ないのさ)
私「ほんとに寂しい?」(ちょっと聞いてみたい)
N子「うん。寂しい」(うれし〜ぃ)
私「すっごくすっごく寂しい?」(何度でも聞いてみたい)
N子「うん。」(キャ〜うれし〜)
私「じゃあママにかわろっか?」(今度こそちゃんとN子と話したい)
N子「いや、N子今からオレンジ食べるからえーわ〜」(さっき寂しいっていったのは嘘だったのか〜???)

従姉のKちゃんの力は偉大です。
私だと話してくれないのに、Kちゃんの声の真似をするとこれだけも話してくれるんですから。

それはそうと私の教育理念?!最近ちょっと変わってきました。
そちらは娘達の教育ブログの方で。。。

Dscn0217 ←この方はとっても元気で誰に手にもおえないほどです。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

9/22 ステロイド入り点滴開始〜

今日の検査結果が思わしくなく、ステロイド入り点滴と強いお薬が処方されました。
「ちょっとシャープに治療して行きましょう」と先生に言われました。
シャープにね〜。
まあ治るのならどんな治療でもいいのですが。

ステロイド点滴をすると気分がより落ち込んだりしやすいので、精神的なケアーが必要になるかも。と言われましたが、点滴後特にというか全く何も変わりませんでした。
落ち込むっていったって聞こえないものはどうあがいても聞こえないのだから仕方ないし、それに別に痛いわけでも痒いわけでもないので、病気の中では幸せな病気なほうです。
母は強しと言いますが、次女K子の事で私の人生始まって以来の悩みに悩んだ時期があったので、その事を思えばほんと今回の事なんてつまんないって言っちゃ〜言葉が悪いですが、どお〜って事ない出来事です。

今日ゆっくり先生とお話して病気の事を聞いたのですが、耳の奥の巻貝みたいなところに元々あるお水が増えすぎて耳が聞こえなくなっているそうです。
このお水がどうして増えるのかは未だ原因不明らしいですが、疲労やストレスが関係していると言われているそう。
そしてこのお水を減らす働きをするのが、利尿剤だったりステロイド入り点滴なんだそうです。
ただステロイドってあまり長く使えないので、最長2週間くらいしか点滴できないそうです。
だいたい1ヶ月ほどで今の聴力が固定してしまうらしいので(聞こえない状態だったら一生そのまま)なんとかこの1ヶ月の間に聴力を少しでも戻したいというのが先生の考えらしいです。
まあステロイド点滴が出来る2週間っていうのが勝負なんでしょうね。

病気になると私が小さい頃からすごく心配してくれる兄ですが、今日も診察が終わった頃に電話をかけてきてくれました。(病気になった時だけ特別優しいのです)
兄も耳鼻科は専門ではありませんが、いろんなドクターに聞いてくれたようでとっても詳しく説明してくれました。
そして最後に、ある日突然聞こえなくなったように、ある日突然聞こえるようにはならなく、「そういえばちょっと聞こえているような。。。」となんとなく穏やかに治って行く事が多いと言っていました。
「まあ2週間様子みてみたらいいと思う」
兄も私の主治医と同じ考えのようなので、これは主治医の先生におまかせし、あとはドーンと構えて静養することにします。

あふれんばかり出ていた母乳も少なくなり、パンパンに張って「いだい〜」と泣きそうになっていたおっぱいも、少しずつ分泌が減っているようで楽になっています。
でもなんだか寂しい。
急な断乳だったので、ほんと寂しいです。
出来れば長女N子と同じスクールに入る2歳になるまでは、いや2歳になっても夜は、まだまだ母乳飲んでほしかったです。
母乳をあげるのが結構辛かったのですが、いざ全くなくなるとなんだか親子のつながりを断ち切られたような感じです。
しかも今実家では、父が仕事の合間にK子をみてくれたり、お手伝いのおばさんがみてくれたりしていて、夜も私の両親と眠っているK子と触れ合う時間がほとんどなく、なんだかかなり寂しいです。
母乳の力ってすごいものです。
長女N子の時は全く感じる事がなかった(完全粉ミルク育児だったので)切ない気持ちです。

ですが、次女K子はというと、1回だけおっぱいにショウガを塗っただけで完璧に断乳出来ました。
あんなにおっぱいが大好きだったのに〜。

もし耳が治ったらまたあげたいな〜とは思いますが、当分お薬が続くのでその間に枯れ果てちゃうんでしょうね私の母乳(T▽T)

Dscn0206

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

9/21 難聴の薬

実家に戻り育児と家事から解放されたおかげでブログもたくさん更新できます(⌒∇⌒)

そのうちネタ切れしそうですが、今日は今飲んでいるお薬について書こうと思います。
難聴をよくするお薬をもらって飲んでいるのですが、激マズです。
また写真を載せようと思いますが、ゼリー状のお薬です。
ゼリーのお薬なんて見るのも飲むのも初めて。
一体どうやって飲んでいいのか分からない。
母に聞いてみると「そんなの一気飲みすればいいのよ」と。
やってみました。
すると喉の奥(食道部分)に詰まって上にも下にも行かず窒息しかけました。
冗談でなく本当に。
もがいていたらようやくポコっと何事もなかったかのように、そのままの形で出てきました。

母に「窒息しかけたよ〜もう少しで死ぬとこだった」と涙目になりながら言うと
「そんな大げさな〜。けど、一気飲みすれば飲めるのかと思った。もう一回ちゃんと飲んでみたら?」と。
なによ〜知らないのに適当な事言っちゃって本当に窒息するかと思ったわよ〜。
母っていつもこうなんです(T▽T)

兄に電話して聞いてみたら
「口の中にポコっと入れて、それを歯で噛み砕き、お水と一緒に飲み込んだらえ〜よ〜。何の薬?名前は?あぁ〜耳の薬か〜。それ飲まな治らんで〜。けどそれが一番きくからちゃんと飲めよ〜。それとおいしくコーヒー味に味付けされてるからおいしくいただくように。それでも飲みやすくなったんやで〜」
とコーヒー味の事までご丁寧に解説していただき、ありがたくお薬を飲ませていただきましたが、確かにコーヒーっぽい味がするような気はしますが、めちゃくちゃマズイ。
こんなまずいお薬飲んだ事ないほど。

まだ実家に帰る前に飲んでいると長女N子が
「N子もゼリーたべた〜い」と大騒ぎするので、舐めさせてやりました。
すると洗面所に直行し舌を洗っていました。笑

こんな激マズお薬を飲み続けないといけないと思うとちょっぴりブルーです。
でも相変わらず耳は聞こえないので、やっぱり飲まないと。

ある日突然朝起きると聞こえなくなっていたので、またある日突然起きると突然聞こえるようになっているのでは〜?と能天気な私です。
実家の両親はとても心配していますが、私自身はさほど気にしていません。
それより実家での極楽生活が長引けば長引くほど実生活に復帰できそうにありません。
実家にいる間に太りそうです。

今日は長女N子の写真を。。。
拡大写真はプライベートブログの方にのせていますのでまた見てください。
ずんずん大きくなっています。
Dscn0158 ←マイブームの「鶏」の真似。コケコッコーと言いながら手をばたばたさせています。かなり笑えます。
Dscn0198 Rscn0164←だいぶ髪が伸びてきました

| | コメント (2)

9/21 実家に戻ってきました

夫T男と相談し、私の体を休める為には実家に戻るのが一番!というわけで戻ってきました9ヶ月ぶりの実家での滞在です。
去年の今頃は次女K子の心臓疾患が判明し9月は毎日鬱状態。
ドクターに母乳で。と言われ、でないおっぱいに格闘しながら過ごした日々。
いろんな方々の協力やアドバイスがありそのおっぱいもだんだん出るようになりました。(その節は皆様どうもありがとうございました)
K子が1歳を迎え、長女も4歳になり、
「いや〜ほんと大変だったこの1年。でも生まれたときは迎えられないのではないか?と思った1歳のお誕生日を無事迎える事ができて、しあわせ〜」と思っていた矢先私の突然の聴力喪失。
人生ほんといろんな事があるな〜としみじみ実感しています。

長女N子はスクールがある為、実家へは次女K子と二人で帰ってきています。
長女と離れる時に
「マミ〜がいなくて寂しくない?」と聞いてみました一応。
すると「うん。大丈夫」とN子。
「ほんと大丈夫?もう二度と会えなくなるかもよ」とちょっと脅してみる私。
「うん。大丈夫」とN子。
「寂しいんじゃない?泣いちゃう?」と私。
「マミ〜アイスとけるからN子もう行くから」と母よりアイスを取るN子。
ほんと母いらずのN子です。
こっちが寂しくなるほど。

次女K子というと、大好きだったおっぱいを何の説明もなくいきなりやめさせられて半乱狂状態です。
最後の授乳も出来ぬまま突然授乳をやめさせられた私のおっぱいも半乱狂状態(パンパンで破裂しそう)です。
未だに一日十回以上は授乳していた為、自分からこんなにたくさんのおっぱいが出ていた事を知らなかった私です。
絞ると出るわ出るわ。
乳牛状態です。
ほんと勿体ない。
早く耳を治して母乳を再開したいと思いますが、当分ステロイド入りのお薬は続くようなので、そうしているうちに母乳は作られなくなっちゃうんだろうな〜。

1年前は出ない出ないと大騒ぎしていた母乳。
今は出過ぎて困ると大騒ぎしているこのおっぱい。

さて、次女K子の断乳は乳首に辛子を塗り乳首をくわえさせてみてからというもの、全く口に含まなくなってしまいました。
でも飲みたいようで、Tシャツをめくり乳首を自分で出すものの、「うぎゅ〜」と奇声を発しながらまたしまうという行動を幾度となく繰り返すK子。
可哀想ですが、仕方ないです。

一方私の耳はというと相変わらず聞こえません。
この病気は繊細な人がなると病院勤めする兄に言われ、
「私は繊細ではないから何かの間違いかも。おっきい耳あかでもたまってるんだろうか」と真剣に考えてみましたが、いくら耳をほじっても聞こえるようにはなりません。
夕方から少しメマイも出てきたので横になっていますが、実家では三食昼寝付き、そして次女は実家で細々とした事をお手伝いしてくれているおばさんがみてくれ、こんな極楽生活を送っていてバチがあたるんじゃないか?と思うほどです。

次女K子はいつも一緒のルークと離れ、何故か私の母を見て

「ルーク」と言っています。笑

ルークがあまり好きではない母は(何しろ大きすぎて実家でも邪魔者扱いです)「ルークと一緒にしないで〜。」と嘆いています。

Dscn0180 ←悪い顔でしょ〜?

Dscn0183 ←K子の子守りも大変です

Dscn0193←相変わらず大きいです

Dscn0194 ←いつも二人でお玄関にいます。タイルが冷たくて気持ちがいいようです

| | コメント (2)

より以前の記事一覧