カテゴリー「英語」の3件の記事

2009年7月26日 (日)

7/22 ホストファミリー体験

我が家の恒例行事「夏のホストファミリー」が今年も開催されました。
ほんとは急な転勤話が出て来て、ホストファミリーどころではない我が家。
ですが長女N子が「イングリッシュのお姉ちゃんが来る〜」と楽しみにしているので、今年も受け入れボランティアをしました。

今年の留学生は23歳。
大学で経済学を学んでいる女子学生。
英語圏の大学生ってどうしてこうも日本の大学生とは違うんでしょうか。
どうやったらこんなに、きちんと自分の考えを持ち、自分の将来をきちんと考えているのか。
しかもボランティア活動にとても積極的で、こないだまでアフリカにボランティアに行っていたとか。
どこかの町で竜巻被害があると聞けば家を建てるボランティアに参加し、も〜ほんと尊敬しまくりです。

そんな彼女なので、うちの子達はも〜彼女にべったり。
特に長女N子なんて、全く離れない。
普段N子が英語圏の方と話しているのを聞く機会がないので(スクールでの様子も普段見れないし)、一体どんな話をしているのかと思って耳をダンボにしていると、自分の伝えたい事(最近出来てファーストキスまで済ませてしまったボーイフレンドの事、バレエの事、スクールでの事)をガンガントークしているN子。

「N子ってネイティブスピーカーと話出来るんだ〜」とちょっとびっくり。
英語の保育園に通っているので当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、スクールの担任先生は英語の話せる日本人先生だし、ネイティブ先生の授業がずっとあるわけでもないので、
「ほんとにN子ってネイティブスピーカーと英語話せるの?」という疑問を常日頃から抱いていました。
が、難なく話しているのを見てホッ。

留学生の話す英語は私が今まで聞いた事もないような超早口英語。
新幹線級の英語で、お話していても
「ん?もう一回言って」とお願いすることが何度もあるので、もちろんN子には理解はほとんど出来てないだろう。と思っていました。

「これはこうでこれはこうでこうこうなんだけど、これとそれってどっちがいいと思う?」と新幹線並みの英語で聞かれるN子。
するとN子は「こっちかな。なんでかっていったらね、これはこうでこうこうだからこうなのよ〜。K(留学生)はどっちなん?」と難なく答えているN子。

正味3年ほどしか英語歴のない我が子に
「このまま行くとちょっと母まずいかも」と思わされてしまいました(^-^;

N子の話す言葉は日本語も英語もまるで亀とお話しているようにゆっくりこっくり。
いつもずっこけてしまいそうになります。
しかも蚊の鳴くような声でポソポソと話すので、たまにイライラすることも。
「なんてゆってるか全く聞こえないから、もうちょっと大きな声で言ってくれる???」と一日何度言う事か。

留学生に対して話す英語もスロー英語。
だけど、自分の言いたい事をきちんと言え、英語に関してもシンプルでひねりのない英語だと新幹線並に早い英語でも理解している。
これはまさにスクールの先生方が日々頑張って指導してくださっているおかげです。
去年留学生が来ていた時の英語と比べ格段に上達しているのを実感しました。

いや〜ほんと母もちょっと気合いしてお勉強しなくては。
そう思いました。

次女K子はといいますと、いつものハチャメチャで通しています。
典型的な「我が道をゆく。いえ、突き進む〜」って感じです。

同じ姉妹なのにこの違いはおもしろい。

彼女が帰宅した途端、次女K子がいきなり高熱を出し、夫T男も仕事で帰宅が遅くなってしまい、アタフタしてしまいました。

40度近い熱を出したのは久しぶりです。
土曜日の夕方いきなり熱を出し看病していたら、時間を1時間も間違い、大切なお約束の時間が過ぎているのも気付かず、結局キャンセルしてしまいましたbearing
誰かとお約束したら時間だけはしっかり守って来たのに、何やってんだろ私。
人との約束は私の中では絶対なのに、子供の事でその時間さえ忘れてしまっているなんて。。。どうかしてます。
二度とこんな事おこさないぞ〜と心に誓いながらまた次女の看病に励んでいます。

次女のお熱も少しずつましになっています。
元々体が丈夫な子なので(心臓以外は)すぐによくなることでしょう。

| | コメント (2)

2008年7月24日 (木)

7/24 我が家にアメリカ人学生がやってきたよ

先週木曜日から1週間我が家にアメリカ人大学生がホームステイしました。
結婚して初めてのホストファミリー体験。
なんとか無事終了しました。
得た物は非常に多かった1週間でした。

詳細はコチラ↓

パート1
パート2

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

7/16 次女K子の初めての言葉

活発に動きまくり、お昼寝をほとんどしない次女のおかげでパソコンの前に座る時間がほとんどなく、毎日とりあえずのメールチェックをするだけのストレスいっぱいの日々を送っています。
ブログに書きたい事は山のようにあるのにネタばかりたまり、気づくと日がたってしまいそのネタが一体なんだったのかさえ思え出せないのです。
夫T男の仕事が忙しく、毎日の帰宅は子供達が寝た頃。
そしてお休みの日には大好きなゴルフに出かけてしまい、結局私は休む暇なく育児中。
何がいや〜ってパソコンを触れないのがイヤなんです。

でもT男も気遣ってくれているようで、お休みの日や早く帰宅した日なんかは私の一番苦手であるお料理をしてくれるので、ホントありがたいです。
今日も比較的早く帰宅し、子供達を寝かせてくれたので、少しだけ私にも時間が出来、久々のブログです。

次女K子はどうしてるかというと、ほっんとに私の手に負えないほどヤンチャです。
10ヶ月にして「どこで育て方を間違ったのか?」と思うほど。
実家の母も「も〜この子は私の手に負えない」とカワイイはずの孫なのにサジを投げるほど。

ようやく歯が生えて来たと思ったら、下が一本、そして上に一本、そしてまた下に一本の合計三本。
T男が「笑うな。ブサイク!!」って言うほど、K子の笑い顔はブサイクです。
上の歯が一本ニョキっと生えているのですが、なんだかすごく大きく、歪んでいるようなんです。
笑うとその歯が見えて、T男曰く、「その辺で飲んだくれてる歯のないオッサンみたい」と。(かばうどころか私もその言葉を聞きうなずいてしまいました。笑)
そうこうしていると、実家の母にもT男の両親にも「Kちゃんは笑わなかったらカワイイのに」と言われるようになりました。
Cimg2827

最近いろんな事がありました。
8ヶ月にしてようやくお宮参りに行ったり、
数ヶ月の間にこども写真館に3度も行ったり、
長女N子のスクールの行事があったり、
これらはまた次回に。。。

それと、皆さんに心配されていたとおりというかやっぱりというか、9ヶ月末に次女K子が一人で歩き始めました(^▽^;)
恐れていた事が現実に。
でもまだ自分一人で歩くのは怖いようで、すぐにしゃがんでしまったり、ハイハイに戻る事が多いですが、どうやら一人で歩けるみたいです。
やっぱりK子の心臓治っているんじゃないかと心底思います。
とにかく以前にも増して目が離せなくなって、お洗濯物を干して部屋に戻ると、自分でソファーに登っていたり、階段をのぼっていたり&落ちていたり(-。−;)するので片時も離れる事が出来ません。

そうそう今日のタイトルの初めての言葉というのは、
「HUG」です。
私を見て、マ〜(マミーのマ)とか、T男を見て、ダッ(ダディのダ)とかは言っていましたが、初めて話したK子の言葉は
「ハグ」でした。
2193v6tsxsl_sl500_aa188_←HUGの絵本

「ハァァァァァァァァグッ」(やけにハ〜が長い)って感じで何度も何度も絵本を見て文字を指差し言っていました。
他の絵本を出すとハグと言わないのですが、「HUG」という絵本を出すと、その文字を指差し、ハグと言っていてちょっとびっくりです。
二人目は何事も早いと言いますが、これはやっぱり上の子のやることを見ているからだと思います。
この「ハグ」という言葉も、最近長女N子が「HUG」という絵本が大好きで(文字はHUGしか出てこない)いつも一緒に読んでいたので、それで覚えてしまったのだと思います。
N子がこれくらいの時期って、絵本を見るどころか、ガジガジとかじっているだけでした。
さすが二人目です。

ドタバタの毎日ですが、明日から我が家に一週間アメリカ人大学生がホームステイにやってきます。
何事もなく一週間過ぎるといいのですが。。。

| | コメント (4)