« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の5件の記事

2009年1月28日 (水)

1/28 長女とクッキー作り

嘔吐下痢症で倒れる少し前に、長女N子と初めてお菓子作りを楽しみました。
お料理が大嫌いな私とは違って(嫌いですが日々努力はしています。イチオウ)、お料理が好きで好きでたまらないN子。
毎日夕飯の下準備だけしてN子の帰宅後お風呂に入り焼いたりするわけですが、その時も
「I wanna cook. I like cooking.」と自分のエプロンを出して来て毎日頑張っている小さいママです。
包丁も物心ついた時から持たしているので(母としては早く母に代わりお料理をしてもらいたい一心です。笑)包丁さばきも結構きまってきました。
ちなみに包丁は百円均一で売っている子供用の包丁を使っています。

そんなN子と初めてクッキーというものを作ってみました。
私にとっては「なんでわざわざクッキーなんて焼きゃなきゃいけないの?面倒くさい」なんですが、N子はルンルン。

まずは小麦粉をシャカシャカ(これなんていう道具でしたっけ(^-^;  )
Dscn1443
上機嫌のN子です。

Dscn1442
今回はジンジャークッキーなので、粉とかお砂糖とか色々混ぜます。

Dscn1441
まぜま〜ぜ

そうこうしていたら、
「おいおい大丈夫?お前ら」とやってきた夫T男
Dscn1444
そうなんです。
この家ではパパが一番お料理上手。
本当に上手です。
彼の包丁さばきをお見せしたいほど上手です。
「トントントトトトントントン」と何でも素早く切れちゃうのです。
ちなみに私が切ると
「サク。。。サク。。。」とかなりの間があります。

「も〜こんなんやったらあかんやん。ここはこうしてこうしないと」とN子のヘラ(この道具の名前も分かりません)を奪い取り夢中になってしまうT男

Dscn1446
「ダディーにヘラ(なんて言うんでしたっけほんとに)とられた〜」とフクれるN子。

そうしているうちになんとかかんとか完成しました。
ジンジャークッキー。
初めてにしてはまあなんとか成功だったのではないでしょうか。
Dscn1448

1ヶ月に1度、いや2ヶ月に1度でも親子で一緒にお菓子作りもいいかもしれません。

だけど、、、正直疲れました(^-^;

| | コメント (4)

1/28 長女の「おうちに帰りた〜い」

次女が嘔吐下痢症になりはや5日目。
まだ激しい下痢が続いております。
夫T男もまだ寝室から出てきません。
私はおかげさまで、少しの嘔吐とツワリのような気持ち悪い車酔い状態も1日で治り下痢もなくピンピンしています。

そろそろ長女N子の声が聞きたくなり長女が居候中の義両親宅に電話してみました。
「N子〜?」と言うと
「マミ〜」とか細い声「I wanna go home soon.」と半泣き状態。
「How about K子?」と聞いてくるので
「She is still in the hospital.  You wanna come here?」と嘘を言いました。
N子は「No. I don't want to go to the hospital. I will stay おばあちゃん's house.」と。
2度の入院経験のせいか病院が大嫌いなN子。
家に帰りたいのはやまやまだけど、病院に行くくらいならおばあちゃんちにいるよ。と言う事なのでしょう。
そして「See you.」とだけ言い電話を切ってしまいました。
義両親にはホームシックがひどくなるから電話をしてこないでと言われ(そりゃ〜そうですよね)、私の方がちょっとN子を恋しくなっています。
でもK子の下痢が続いている間は感染の可能性があるので連れて帰ってやる事が出来ません(T▽T)
早くK子が治ってくれればいいのですが、長女が嘔吐下痢症にかかった時は1、2週間下痢が続いたので、まだまだかかりそうです。
家族全員勢揃い出来るのはいつの日か。

Dscn1434_2 ←だいぶ元気になりました

| | コメント (2)

2009年1月27日 (火)

1/27 嘔吐下痢症

朝普通にご飯をむしゃむしゃ食べ、ミルクをがぶ飲みした次女K子の突然の嘔吐で始まった我が家の嘔吐下痢症。
どうやらノロウイルスにやられてしまったようです。
それからはまるで口からトランプを出すマジシャンのように出てくる出てくる嘔吐物。
吐きまくりでぐったりする次女K子を抱え病院へ行ってきました。
初点滴です。
長女は同じくノロウイルスにやられ1歳ちょうどでご入院。
その後私が感染し、仲良く病室で点滴してもらった記憶があります。

長女はその後2歳の時にも今度はアデノウイルスでご入院。

どちらの入院も年末だったのでお正月は病院で迎えた苦い経験がある我が家。

ノロウイルスはかなり強い菌で、何しろアルコールでは死滅せず、感染者が唾液のついた手を机に置くと、そこについた菌が3日間は生きるという。
そしてその机を触った誰かがその菌のついた手で食べ物を口に入れると、、、感染。
特に大型ショッピングセンターのカートやゲームセンター等はかなり危険です。

今回次女のノロ君もかなりひどく、嘔吐嘔吐。
それと同時に下痢が始まりました。
下痢といっても
「ブショ〜ブジュジュジュジュ」とすごい音と共に、オムツはもちろん、そこからあふれでた水のような便でお洋服もカーペットも便だらけ。

ルークの頭に向かって嘔吐はするし(ルークって長女の時にも頭に嘔吐物をかけられていました)、私の胸には嘔吐するし、私への感染は避けられないと思っていました。
そしたらやっぱり昨日の朝起きるとちょっと気持ち悪い。
ツワリのような感じで、だんだんひどくなり、ツワリそのものになってきました。
私は発病するのが分かっていたので、その日に備え、家のお掃除はいつもより入念に、そして食べれる物は気分が悪くなるほど食べるようにしていました。(食べ溜め)
発病すると嘔吐している間は絶飲絶食が基本なので(ここで食べちゃうと食べた分だけ吐くので余計に辛いです)、とにかくじっとして眠っていました。
2回目にもなると心構えが出来ているというか、結構慣れたものです。

次女K子の事は実家の両親にまかせただただ眠っていました。
すると、2日目にはかなり楽になりました。

でも今度は夫T男が発病。
現在寝室で寝込んでおります。
そして実家の母からも「昨晩からお腹がかなり痛いんだけど」と電話が(^-^;
どうやら母も感染したようです。
恐るべしノロウイルス。
皆さんも気をつけてくださいね。

ノロウイルスに効くお薬はなく、ただ点滴をするしかありません。
ノロだと思ったら、絶飲絶食を心がけ、眠っておくのがいいと思います。(大人の場合。子供は脱水症状が起きやすいのですぐに病院に行き点滴してもらいましょう。)

| | コメント (3)

2009年1月15日 (木)

1/15 次女K子がヤバイっす

ルークの写真前回のブログにアップしました。

ルークのことはさておき、今日は次女K子について。
心臓病が治ってからというもの、K子の食欲は止まらない。
3食お腹いっぱい食べ、ミルクをごくごく飲み、夜中も3回はミルクを飲み、K子の食欲は日に日に増しています。
でも身長は伸びない。
心臓病の子や心臓病だった子の多くに低身長の悩みというのがあげられるそうですが、K子も身長はほっんとうに伸びません。
でも食欲は増すばかり。
今まで成長曲線の外(身長体重ともに)だったのに、ここのところ、標準→プチ肥満へと。
身長の伸びが伴っていればいいのですが、体重だけ伸び盛りなので、完全肥満児です。
昨日写真を撮り、思わずシャッターを切れない私がいました。
「あっ、あまりにもブサイクすぎる。これだとK子じゃなくブー子だよ」
Ca390031Dscn1319
これどうみてもやばくないですか?
いやほんとヤバイ。
2重あごどころか、あごがない。
お腹は10段腹並み。
お世辞にも「かわいい」とは言えない。

ですがブー子の割にはよく動きます。
こないだなんて、水筒と一緒に転び、水筒に鼻を激突。

Dscn1290_3
こんなに真っ赤になってしまいました。

普段もすっごくよく動きます。
Dscn1341Dscn1338Dscn1342

K子の事をとても可愛がってくれるお友達にブー子写真を送ってみました。
友「まあ、少し動き出したら痩せるっていうから、大丈夫じゃない???」
私「もう、十分動き回っているんだけど。。。」
友「。。。(絶句)」

このまま身長が伸びず体重ばかり増えていったらどうしよう。
真剣に悩んでいます。
何かいい方法ないでしょうか?子供のダイエット。

Ca390018←1日何度かは二人の子達がルークにまたがります。最強コンビです。この日はクリスマスだったのでサンタごっこでルークはもちろんトナカイ役です。
Ca390021←チャイルドシートに乗っている時はとてもおとなしいです。おりる時には大泣き(おりたくないらしい)
Dscn1248←ルーク首が90度おれてもこの体勢で上にブー子を乗せ爆睡中です。さすが大物。
Dscn1261Dscn1307
Dscn1321Dscn1333
Dscn1434

二人に長女N子のお手伝いさんグッズを装着してみました。
Dscn1452Dscn1453
Dscn1454
えっ?ルークはちょっと無理がありますか?

Dscn1463_2
次女K子の最新画像。鼻にペンを突っ込んでいる場合ではありません。ちょっとダイエットしてください。

最後にルークとK子の日常の様子をご紹介します。 ルークの目玉が大好きなK子です(^-^;


| | コメント (3)

1/15 ルーク再腫瘍で再手術

この間良性腫瘍ができ、切除手術を受けたルークですが、自分の歯で抜糸(食いちぎり)してしまいそこがこのまま腐ってしまうのでは?と思うほど膿んでいました。
それが少し治って来たかな〜と思っていたら、膿んでいた所にまた腫瘍が。
「これ前と同じじゃない?」とT男に言われ見ると、素人目には同じに見える。
早速いつもの病院に連れて行くと、同じ場所に再腫瘍というのはありえないので、もしかすると今回は悪性かも。と言われました。
ルークももう5歳(現在6歳)、そろそろお迎えが来る頃なのかなぁ?と吞気にかまえていましたが、再手術が決定し、先日手術を受けてきました。

今回は前回家族中が大迷惑をしたパラボナアンテナ(エリザベスカーラー)はやめて、ドーナツ型の舐め防止グッズをお借りしました。
その姿を見た夫T男は
「おい、おっさん(いつもルークの事をこう呼びます)。お前むち打ちなん?」と。

Dscn1417←前回より多めに切り取ってくださったようです。

Dscn1418←ドーナツ枕装着。立っていても横になっていても首に枕がついているわけですから、どこでも睡眠可能。でも気道が圧迫されるのかイビキがすごい。


本当にむち打ちの時に首にまいている物にそっくりです。
あれの分厚いバージョンです。
今回はドーナツクッション型なので家族もそして前回傷つけられまくった家の壁(だって家中至ところに突進していたルークです。本人通れると思ってもパラボナ君が大きすぎてどこへ行っても壁にぶつかっていました)も今回は大丈夫そうです。

手術からもうすぐ10日間がたちます。
昨日先生からお電話があり、腫瘍は悪性でなかったという連絡をいただき、ホッ。
もしかしたら前回腫瘍細胞が完全に取りきれてなかったのかもしれません。
だけど、毎回4万円単位の出費はかなり痛いです。
今回は完全に治りますように。

Dscn1421←熟睡中

Dscn1423←ちょっと苦しそう?でもこれで熟睡中です

Dscn1424←二人でテレビ鑑賞

Dscn1463←ドーナツ枕があろうとなかろうとルークは次女K子の奴隷です。

 

| | コメント (3)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »